海外発送/国際配送サービスの転送コム
アニマムンディ 終わりなき闇の舞踏

アニマムンディ 終わりなき闇の舞踏 (このタイトルの関連商品)

ブランド:花梨エンターテイメント (このブランドの作品一覧)
定価:¥6,800 (税込¥7,480)
発売日: 2005/01/28
メディア:CD-ROM
JANコード:4571138250026
原画:虎えと京
シナリオ:菜摘かんな
サブジャンル : アドベンチャーボーイズラブ [一覧]
 備考 
HDD:空き容量1GB以上

 製品仕様/動作環境 
  • 対応OS:Win98/98SE/2000/ME/XP MacOS9.1以上

  • 必須CPU/推奨:PentiumII 300 PowerPC G3 333 MHz/PentiumIII 500 G4 500 MHz

  • 必要メモリ容量/推奨:(Win)64MB(Mac)128MB/(Win)128MB(Mac)256MB

ご注文の受付は停止中です
 商品紹介
IMG1 業界初!本格的BL系ゴシックホラーアドベンチャーゲーム!

テレビアニメさながらのキャスティング。キャラ人数も24人!

◆キャスト◆
ゲオリク・ザベリスク伯爵:置鮎龍太郎
リリス・ザベリスク:堀江由衣
サン・ジェルマン伯爵:石田彰
ミハエル・ランフト子爵:緑川光
ブルーノ・グレーニング:子安武人
ティモシー・リアリー:片霧烈火
メフィスト・フェレス:安元洋貴
ハードランド13世:松本貴稔
シルフィー・ハードランド:吉田愛理
マリーン・ルブロン:古山あゆみ
フランシス・ダッシュウッド:諏訪部順一
ヤン・ファン・リュースブルグ:緒方恵美
ジャン・デスパニエ:川島章吾
ゲンナイ・ヒラガ:富田純
ナレーション:本山可久子
◆サブキャラ◆
ウルフガング・ザベリスク:いわいのふ健
サンドウィッチ伯爵:佐々木仁志
エリファス:神谷康人
執事フランツ:神谷康人
セバスチャン:竹房敦司
王宮騎士サイモン:大沢初命
王宮騎士マルチェロ:富田純
王宮騎士バレンティン:松本貴稔
パラケルスス:竹房敦司
教皇ガミジン:松本貴稔

 ストーリー
IMG2 主人公「ゲオリク・ザベリスク」は国王ハードランドの主治医だったが、生まれつき体の弱い妹「リリス・ザベリスク」の療養の為、若くして現役を退き、地方貴族の地位に甘んじていた。ある日、屋敷を留守にしている隙に、妹リリスが魔女裁判として狂気となった村人達に襲われ、首を斬首され、体は燃やされてしまった。ゲオリクは残ったリリスの首だけを、やっとの思いで取り返したが、驚くべき事に、彼女は首だけの姿で生き長らえていた。

元の元気な姿に戻したい一心で、若い女性の体を次々移植するが、免疫抵抗が邪魔をして、どうしても上手く行かず、悩める毎日を送った。ある時、錬金術には「ホムンクルス」という人造人間を作る技術がある事を知る。しかし、ハードランドは数百年も昔、機械文明という近代化を推し進める為、強引に魔術や呪術、錬金術の類を一切禁止した国であった。

魔術師や錬金術師は国外追放。国内に残っている者やこっそり研究を行う者は国家反逆として全て死刑にされたという血塗られた歴史があった。ゲオリクは妹リリスの為に、禁止されている錬金術に、徐々に手を染めていくのであった。
 キャラクター
キャラ1

ゲオリク・ザベリスク伯爵

元国王の主治医。今は地方貴族に甘んじる若き伯爵

真面目で融通が利かず、不器用な色男。時に素朴な一言が可笑しさを漂わせる。 王女シルフィの病を治した事から若くして国王やシルフィの主治医を任されるが、体の弱い妹リリスの為、自ら地位を捨て生まれ故郷「ギュントリンク」へ移り住む。しかし、留守中、リリスが魔女裁判で体を切断され、その体を取り戻すべく最新医療や錬金術研究の為、首都カーマゼンへ移り住む。

屈強な意志の持ち主で、己の信念の為なら、どんな代償も厭わない。そのせいか敵が以上に多く、常に命を狙われ、また利用されようと付け狙われる。現在の国家医師ブルーノや、ダッシュウッドなど、ゲオリクが逃げ出さないように常に監視している。国家的規模で禁止されている呪術の類や、それに含まれる錬金術に興味を抱き、秘密裏に研究をはじめ、国すらも敵に回す事に……。錬金術をする事により、己の体が純化され、本来持っている魔族の血に目覚め始め、やがて身も心も悪魔と化していく。

キャラ2

リリス・ザベリスク

ゲオリクのたった一人の可愛い妹。不幸にも首だけで生きていく事に。

お兄ちゃん子で、動物大好きな女の子。人見知りで大人しい反面、実はサイコな性格。よく遊びにくるサンジェルマンをからかって、よく遊んだり、ミハエルに剣の事を話して落ち込ませたり、ちょっと悪い子な一面もある。好きな事は洋服集めで、ゴシックロリータ愛好家。タロットと黒魔術も好き。

ゲオリクの留守中、突如魔女裁判にかけられ、躯を燃やされ、首だけの姿に……。ゲオリクが悪魔メフィストと契約を交わし、首だけで生きていく事になる。しかし、ゲオリクが研究に没頭するあまり孤独感に苛まれるようになる。地下にひっそりと眠るリリス。兄の血が悪魔に目覚めるのに呼応し、リリスもやがて魔女と化していく……。

キャラ3

サン・ジェルマン伯爵

リリスの婚約者であり、若き天才機械工学博士。
優しき性格と殺人兵器研究とのギャップに苦しむ


ゲオリク、ミハエルの幼馴染でもあり、親友でもある、 優しく面倒見のいいお兄さん。国で一番の発明王であり、科学技術省長官でもある。「存在そのものが国家機密」と言われ、常に護衛を付けられているが、そんな事全く気にせず、国内をあちこち探索して回っている。友達が困っていると頬っておけないが、自分と敵対する人間には 意外と残酷にもなれる二面性がある。

肝が据わっていて、ゲオリクより肝が太かったり、意外に無神経な一面もある。人当たりはいいが、本当の自分は滅多に外にださない。 ちょっと茶目っ気のあるヘンタイに変わるときも。リリスの婚約者でもあるサンジェルマンは、彼女が死んだと聞かされ、同様を隠せない。城の研究所に引き篭もって研究を続けている傍ら、ゲオリクの屋敷の掃除は欠かさず行っている。

キャラ4

ミハエル・ランフト子爵

近代化していくハードランドにおいて、騎士道精神を重んじる若き近衛騎士団長

皮肉屋で、高慢な性格。気が付くといつも周囲は敵だらけ。腕は国の誰よりも強いと自身があり、近衛騎士団長にまで上り詰めたが、過去に一度ゲオリクに負けた事を未だに根に持っている。交友は広いが、ゲオリクやサンジェルマンは、数少ない”残った親友”。たまに酒が入るとからんで来る。

気前はよく、たまに部下の酒代のツケを払ってやることも。調子に乗って一人で自慢話を始めると、サンジェルマンとゲオリクが 無視して二人で勝手に話始めたりすることもしばしば。ランフト家の末弟で、家督を継ぐ必要の無い分、好き勝手に育ったせいか、物凄い我侭。しかし、週末の教会へ行く事をサボった事は一度も無く、信心深い。ゲオリクへの出会いに運命的なものを感じている。

キャラ5

ブルーノ・グレーニング

謎の男。国王に恨みを持ち、暗殺を企んでいる。

ゲオリクの後任として、国王直属の専属医師となった。国王以外にも、城全体の健康管理し、全てを把握している。医師として召抱えられたその実、国王の不老不死研究の為の、お抱えの錬金術師。しかし、国王のお気に入りの立場を利用し、暗殺をもくろんでいる。

ブルーノは、ハードランドに全滅させられた一族の末裔らしい。噂では敵対している魔法王国と通じているらしい…?ゲオリクに、何か因縁があるらしく、常に付け狙い、自分の部下として召抱えようとしている。

キャラ6

ティモシー・リアリー

呪術が盛んなフェザーランド出身。実はパラケルススの血統らしい?

ゲオリクが旅の途中で連れ帰った少年。リリスの秘密を知っている。 ひねくれ者で、寂しがり屋。多くの子どもがそうであるように、ゲオリクに対しても調子がよく、干渉を嫌うクセに、いざというときは頼ってくる。家事全般は得意で、使用人向きの器用さを持ち合わせているが、口が悪いので、ミハエルとは犬猿の仲。

自分に関わった人間は不幸になると思っている。自分の家族と言える存在を探している。 一度手なづけると案外従順。 フェザーランド出身で、錬金術の心得があるせいか、ゲオリクに錬金術を教える教師となる。偉大な錬金術師「パラケルスス」の血統らしいが、実は本人なのかもしれないという噂がある。

キャラ7

ジャン・デスパニエ

かつては七つの海を渡り歩いた名シェフ。
今は仲間とはぐれ、一人で酒場を経営している。


デスパニエの店の事を知らないカーマゼン住人は居ないだろう。彼の料理の腕は王宮に招かれるほどだ。しかし、本人には微塵の興味も無く、ひたすらに貧乏な人々向相手……に何かをやっている。

キャラ8

ハードランド13世

初代ハードランドが呪術の類を禁止したにも関わらず、
裏では不老不死研究と称し賢者の石研究をしている。


情に厚いが、目先のことしか見えておらず、自分と自分の内輪の者が得するように動く。シルフィーが、自分の操りやすい、いわゆる従順な娘でないので、渋っているが、娘のピンチにはよわい、いわゆる一人の良き父親でもある。表向きは呪術や錬金術を禁止しているものの、城の地下では不老不死研究をさせて、自ら千年の王になろうとしている。

国内の呪術の取り締まりを非常に厳しくしている反面、才能のある人間を死んだ事にし、城の地下に半ば幽閉状態で研究させる。ブルーノの才能を非常に評価し、シルフィと結婚させる事により未来永劫、自分の部下しようと企んでいる。

キャラ9

シルフィー・ハードランド

国王の一人娘。幼い頃にゲオリクに病気を診てもらい、片想いをしている。
正義感が強く、ブルーノの変質的な所を毛嫌いしている。


おてんばで、行動的な王女。父親に従順なフリをしつつ、もっと奥に息づいている悪意をあばき、父を護ろうという騎士的な女性。マリーンを困らせて、泣き言を言わせるのが好き。でも自分以外がマリーンを泣かせるのは許さない。

困っている者を見捨てる事は出来ず、不正を企てる貴族や役人を悉く毛嫌いしている。ゲオリクに密かに恋心を抱いているが、身分の違いから叶わぬ恋と諦めている。ハードランド王がブルーノと結婚させようと考えているので、なんとか逃げ出したいと思っているのだが……。

キャラ10

マリーン・ルブロン

地方貴族の娘でシルフィの侍女

堅実かつ忠実なシルフィーの世話役。おてんばなシルフィーを、少しでもレデイーらしく見せようとあの手この手。真面目だが、ミーハーな面もあり、カッコイイ殿方のチェックに余念がないので、しばしばシルフィーを呆れさせる。シルフィーが時々ゲオリクのことを考えてボーッとしているので、実はチョットやきもち。

シルフィのおてんばっぷりに呆れつつも、実は楽しんでいる事も多く、一緒に悪巧みをする事も多い。騎士団長であるミハエルに密かに思いを寄せている。

キャラ11

フランシス・ダッシュウッド

金のある所を敏感に嗅ぎわけ、他人と群れるのを嫌う一匹狼

サンドウィッチ伯爵に仕え、借金をしているゲオリクへ取り立てに来る。そのゲオリクから小銭を巻き上げて、サンドウィッチ伯爵に対して返済先延ばしを交渉する金の亡者。地獄の火クラブの会員でもあり、黒ミサや魔女裁判には欠かさず顔をだし、金の臭いのする所には必ずダッシュウッドの姿がある。裏社会を渡り歩くガイド役でもある。

キャラ12

ヤン・ファン・リュースブルグ

呪術の禁止されているハードランドで、錬金術用具を売り捌く闇ブローカー。

占いや交霊術に長け、妖しげな雑貨店「金のガチョウ屋」を経営する謎の男。古びた汚い雑貨店にしか見えないが、 特定の人間にだけ裏の顔である、魔術用具や錬金術用具を売り捌く。何より自分の身の安全を優先し、知った人間か、その紹介のある人にしか商品を見せる事はない。悪魔払い、悪霊払いを得意とし、不穏が空気が立ちこめると独自に動き、霊を静める。

 サンプル画像
SAMPLE1 SAMPLE2 SAMPLE3 SAMPLE4 SAMPLE5 SAMPLE6 SAMPLE7 SAMPLE8 SAMPLE9 SAMPLE10 SAMPLE11 SAMPLE12
 このブランドの作品一覧

二人の恋の進展を見守って応援するBLCD「告白から始めました。」/加賀美遥(CV:佐藤拓也)、姫野創士(CV:酒井広大)

大好きな彼を思う存分傍に感じるBLシチュエーションCD「おうちでーと」/戸塚慧(CV:阿部敦)

オメルタ ボーカルアルバムCD「残響エゴイズム」

オメガヴァンパイア ドラマCDシリーズ vol.4 ハインリヒ編「オレ、ヴァンパイアに嫁ぎます」

オメガヴァンパイア ドラマCDシリーズ vol.3 碧井編「博士の愛情が異常すぎる」

オメガヴァンパイア ドラマCDシリーズ vol.2 源馬編「オレとアイツの一夜さ綴り」
>>もっと見る
<< Prev Next >>

▲このページのTOPへ
トップへ戻る携帯サイトGetchu.com mobileダウンロードサイトDL.Getchu.comアフィリエイトスタッフ募集お問い合わせ
© Getchu.com 1999-2020