海外発送/国際配送サービスの転送コム
ヒトカタノオウ〜アカシノクニ〜

ヒトカタノオウ〜アカシノクニ〜 (このタイトルの関連商品)

ブランド:Artel (このブランドの作品一覧)
定価:¥2,800 (税込¥3,080)
発売日: 2006/08/31
メディア:ダウンロード作品
ジャンル:伝奇ノベル
原画:ちょちょおすぎ
シナリオ:花ツバメ
サブジャンル : アドベンチャー [一覧]
 備考 
VRAM:16MB以上推奨

 製品仕様/動作環境 
  • 対応OS:Win98SE/Me/2000/XP

  • 必須CPU/推奨:PenitiumIII 400 MHz

  • 解像度:800*600

  • 色数:ハイカラー以上

  • 音源:PCM

  • DirectX:7.0以上

注意:18歳未満の方は購入できません
商品は中身がわからないように梱包してお届けします。(詳細)
DL版価格:¥2,800(税込¥3,080)
 ストーリー
IMG1 妖と人の共存する道… 繋いだ手を抱き続けて、主人公は人と妖の戦いの歴史を知る。

それは夏の夜の夢から始まった。
欠けてしまった夢の中で覚えているのは、ほんの僅かな幼い思い。 吊り橋が揺れる対岸で、真白の髪の彼女が寂しげに微笑んだ。
伝えなければいけない言葉を捜しているうちに、ふと目が覚めてしまう儚くも血に塗れた夢。 夢が意味することが何なのか、それすらもわからぬままに、主人公は夏の巡りを夢で知る。 ようようにして思い出せたのは、ミズハという少女の名前。 歪なその夢は、年月を重ねるごとに鮮明になっていた。
何も知らず、何もわからないまま、主人公は日々の日常を生きていた。 屋敷を取り仕切る咲月は相変わらずの様子で愛想もなし。
新しい家族の奈緒は世間知らずで恐いものなしで、少し危なっかしい。 少し普通とズレた、そんな日常の温かさ。

――― それが、いつまでも続く本当なのだと思っていた。
九天の空に鳴り響く花火の音は、在ったはずの日常の終わりを告げる。 辿り着いた夜の底で、主人公が見る色は誰の色なのか ―――
人と妖の戦いの最中へと主人公は足を踏み入れた。
森厳な屋敷に帰る。 日常の裏に在ったのは妖を狩る一族の真実の姿。 繋いだ手を抱き続けて、主人公は人と妖の戦いの歴史を知る。
 キャラクター
キャラ1

黒羽 奈緒(くろば なお)

世間知らずで無邪気な少女。
”妖”を狩るためだけに存在する。

キャラ2

ミズハ

”妖”を束ね導く姫巫女。

キャラ3

五十鈴 咲月(いすず さつき)

八坂の一族を率いて”妖”と戦う少女。

 サンプル画像
SAMPLE1 SAMPLE2 SAMPLE3 SAMPLE4 SAMPLE5
<< Prev Next >>
ランキング - 注目キーワード - 特典情報 - デモ動画 - ダウンロードで買う - 特価コーナー

▲このページのTOPへ
トップへ戻る携帯サイトGetchu.com mobileダウンロードサイトDL.Getchu.comアフィリエイトスタッフ募集お問い合わせ
© Getchu.com 1999-2019