海外発送/国際配送サービスの転送コム
明日はきっと、晴れますように 初回版

明日はきっと、晴れますように 初回版

ブランド: HUG(このブランドの作品一覧)
定価: ¥8,800 (税込¥9,680)
発売日: 2009/07/31
メディア: DVD-ROM
ジャンル: 笹に願いをかけるADV
JANコード: 4935066505601
原画: 二ノ膳小宮裕太盆座菓子
シナリオ: 燕人
商品同梱特典: 初回特典:明日はきっと、晴れますように オリジナルサウンドトラック
サブジャンル: アドベンチャー [一覧]
カテゴリ: 学園、幼馴染 [一覧]
 備考 
生産終了です。

 製品仕様/動作環境 
対応OS:Win2000/XP/Vista
注意:18歳未満の方は購入できません
商品は中身がわからないように梱包してお届けします。(詳細)
ご注文の受付は停止中です

 げっちゅ屋特典

描き下ろしテレカ、予約キャンペーンは終了しました。

動画

動画プレイヤーの推奨環境

動画プレイヤーの再生環境につきまして
動画を快適に視聴いただくために、
下記バージョン以降のブラウザ環境を推奨としております。

Webブラウザ
・Internet Explorer 9.x
・Firefox バージョン30
・Chrome バージョン34.x.x
プラグイン
・Adobe Flash Player バージョン13
・Micrososft Silverlight バージョン3.0

※動画の再生にプラグインは必須ではありませんが、導入済みの場合は
上記の各推奨バージョン番号以降である事が推奨されます。

推奨環境下でもパソコンの設定によって、
または推奨環境以外でご覧の場合、正しく表示されない場合があります。

ストーリー
IMG1 主人公・崎坂夏彦は、かつて住んでいたこの街へ、10年ぶりに戻ってきた。

そこは海に面した静かな街だったが、今では観光地化が進み、街の様子も大きく変わっていた。
ただ、駅周辺の中心街から少し離れれば、当時の記憶を刺激する光景がまだ残されていた。

街を分断するように流れる川にかけられた、大きな橋もそのひとつ。
子供の頃によく遊んだその橋は、当時の記憶そのままの姿でそこにあった。
そこは、街の名物「白鷺洲七夕祭り」において大きな笹が立てられ、数えきれないほどの短冊が吊されるという、祭りのメインスポットでもある。

10年ぶりに、その大笹を見上げた夏彦。
この笹と短冊には、ちょっとしたひとつの伝説があった。

「ここに吊される短冊のうち、たった1枚だけ、本当に願いが叶う……」

誰が言い出したのか、本当かどうかもわからないそれは、住民たちの想いとともに、今も語り継がれている。
これは、そんな小さな短冊にそれぞれの想いを託した、少年と少女たちの物語。
予約キャンペーン
IMG3 キャンペーン期間中に「明日はきっと、晴れますように」をご予約のお客様に、オリジナルドラマCD『椎池井子の『それゆけ性格反転大作戦』〜無口は多弁にツンデレはデレツンに〜』をプレゼント!
 キャラクター
キャラ1

服部 攸夏 (はっとり ゆうか) CV:細田なな

主人公の、それほど馴染んでいない幼なじみ。
主人公の父親と攸夏の母親が同じ会社の同僚で、その縁によって知り合った。

見た目に反して腕っぷしが鬼のように強く、子供の頃は名の知れたガキ大将だった。
現在は外見も性格もすっかり女の子らしくなったが、腕っぷしの強さは健在で、下手に怒らせようものなら3代先の生まれ変わりまで犠牲にする覚悟が必要。

腕っぷし同様に身体の方もすこぶる健康で、虚弱体質の夏彦とは対照的である。
「女子格闘技界は早く攸夏を見つけ出すべきだ」とは夏彦の弁。

夏彦とは、10年前に引っ越していったとき以来の再会となるが、些細なケンカから互いにすれ違ったまま別れてしまったので、強く悔やんでいる。
ただ、夏彦の前でそれを出すことはない。

キャラ2

梶ヶ谷 鈴梨 (かじがや すずり) CV:韮井叶

主人公に何かと突っかかってくる後輩。
自分から言うことはないが、妾腹ながらも地元名士のひとり娘であり、年寄りを中心に地元民には広く顔が利く。

何かとリーダーシップを取りたがるが、不器用であるためにいつも失敗している。
異母兄がたくさんおり、またその誰もがエリートであるため、本人も上昇志向が強い。
ただ、現在はそれが空回りしているようにも見える。

名士の娘だけあって、ひと通りの礼儀作法は心得ている。
特に字が美しく、丁寧。
逆に普通の女の子っぽい事には疎いのがコンプレックスで、それを悟られまいとしている。
以前、女の子らしい丸文字の習得に挑戦して失敗したという過去を持つが、当然その過去もひた隠しにしている。

ゲームの舞台である白鷺洲(さぎしま)生まれの白鷺洲育ち。
すなわち生粋の地元民であり、住民のご多分に漏れず、なんのかんのいって世話好きである。

キャラ3

篠目 冴奈子 (しののめ さなこ) CV:如月葵

主人公の1年後輩。保健室仲間。
独特のゆったりとしたテンポと、不思議なセンスを持つ少女。
鈴梨とはクラスが同じで、お互いに唯一と言っていい親友。

主人公とは保健室(具体的に言えばベッドの中)で知り合い、その後も保健室の常連どうしとして友誼を深めるが、冴奈子自身は特に身体が弱いというわけでもないらしい。

趣味は「観察すること」らしく、よく何かをじっと見つめている。
一度興味を持ち始めるとテコでも動かないほど驚異的な集中力を発揮するが、逆に自分の興味がないことには全くの無関心である。

観察に次ぐ趣味は読書。
歴史物が好みらしい。

キャラ4

みう CV:桜木ハルキ

主人公が大笹の下でエンカウントする、謎の少女。
学園の生徒ではないが、のちに保健室に入り浸るようになる。

いつでも無駄に元気。激しすぎるほど無邪気。
超が1カートンつくほどのお人好しで、ひたすらに純粋。
人を疑うことを知らないのか、何でも信じてしまう。

好奇心旺盛でなんでも知りたがり、主人公たちにもよく質問する。
主人公は面白がってたまに冗談や嘘を教えるが、それもすぐ鵜呑みにしてしまう。
しばらくしてそれが嘘とわかる→主人公に抗議→嘘の言い訳を並べ立てる→それも信じる→しばらくしてまたそれが嘘……
という、おバカ時空の住人。

攸夏と並び、食欲は旺盛。好き嫌いせず、なんでも食べる。
食べ物の誘惑にも非常に弱い。主人公にも、よく好物で釣られている。

了承する際、「ういっし!」と敬礼するのが決めポーズ。

キャラ5

椎池 井子 (しいけ しょうこ) CV:川崎ハレ

主人公たちが通う学園の保険医。
主にスクールカウンセラー的な役割を担っている。
本来は系列校(医学系大学)の客員教授だが、この学園には養護教諭がいないので、その任務を代行する形で常駐している。

相当に優秀な頭脳を持つ才女。
見た目は小さいが、思考、口調ともに大人である。
ただし性格は、かなりわがまま。子供っぽくはないが、気分屋で傍若無人。
男のような凛々しい口調。姉御肌。どこか達観したような、悟ったような雰囲気を持つ。

気まぐれなところもあるが、根は優しく理解力がある。
ただ、性根の腐った者・努力を怠る者などには、容赦がない。
よって生徒の間でも人気はあるのだが、苦手に思っている者も大勢いる。

よく保健室にやってくる主人公と知り合い、彼を気に入って、いろいろと雑務でこき使うようになる。

キャラ6

星川 平助 (ほしかわ へいすけ) CV:桜坂幸平

主人公のクラスメイト。いわゆる「悪友」のポジション。
単純、直情、無思慮、無配慮。性格に裏表のない、愛すべきバカ。当然ながら、成績も良くない。

エロいことにも興味津々で、かなりのスケベ。あだ名は、名前をもじった「ベースケ」。当初はそのあだ名を拒否していたが、次第に定着してしまったらしい。
ルックスは悪くないはずだが、下品さとスケベさがそれを大きくスポイルしている。「黙っていれば結構人気もあるはず……」とは女子たちの評。

明るく気さくな性格で、すぐ誰とでも仲良くなれる。
軽いノリの平助とシニカルな主人公は対照的な性格だが、どうやら不思議とウマは合うらしい。

頼れる兄貴分として担任の不発を慕い、舎弟的なポジションにいる。ふたりでイタズラを仕掛けることもしばしば。

キャラ7

崎坂 不発 (さきさか うたず) CV:ルネッサンス山田

主人公の実兄。年はワリと離れており、27歳。攸夏にとっても兄のような存在である。
主人公と攸夏が転入する「白鷺洲学園」(さぎしまがくえん)で、日本史の教師をしている。

美形で長身、そしてかなりの秀才だが、その一方で相当にいい加減な性格をしており、気分屋でもある。
ただ不思議と常識は持ち合わせており、改まった場所などではマトモに振る舞うこともできる。
およそ教師らしからぬ人物であるが、クラスの生徒達からは「親しみやすい」と評判は高い。

特に弟(主人公)に対しては非常に子供っぽく、いつも弟をおちょくるような言動と行動を繰り返している。「からかうとムキになって反応するから大好き」らしい。
「不発」(うたず)という極めて変な名前を付けられたワリに、グレずに育った好男児とも言える。ただ、実弟いわく、『グレてくれた方がはるかにマシだった』。

生徒から呼ばれるあだ名は「うーちゃん」。自分でも一人称として使ったりする。

崎坂 夏彦 (さきさか なつひこ)

主人公。学園2年生。
かつてこの街(白鷺洲)に住んでいたが、10年ほど前に父親の転勤に伴い転居。以来、10年ぶりに戻ってきた。

幼い頃から、すぐに目まいを起こしてしまう体質。
現在も特に治癒してはいないが、大人になって冷静な判断ができるようになったため、意識を失って倒れるなどといったひどい事態になることは防げている。
それでも急激な運動、疲労を押しての無理な行動などは厳禁である。

普段の性格は冷静で、基本的にツッコミ役。虚弱な身体に対する自嘲的な思いからか、少し斜に構えたシニカルなところもある。
自分の体質を理解している(というより、身をもって知っている)ため、何事にも無理をしない。それゆえ、他人からは「冷めている」と取られがちでもある。

体格は虚弱体質の影響からか、男にしては線が細め。昔はもっと細く、女の子と間違われることも多かった。

 サンプル画像
SAMPLE1 SAMPLE2 SAMPLE3 SAMPLE4 SAMPLE5 SAMPLE6 SAMPLE7 SAMPLE8 SAMPLE9 SAMPLE10 SAMPLE11
<< Prev Next >>
ランキング - 注目キーワード - 特典情報 - デモ動画 - ダウンロードで買う - 特価コーナー

▲このページのTOPへ
トップへ戻る携帯サイトGetchu.com mobileダウンロードサイトDL.Getchu.comアフィリエイトスタッフ募集お問い合わせ
© Getchu.com 1999-2021